【非常食 えいようかん】災害時に役に立つえいようかんの秘密

非常食

地震や津波など自然災害が起こると、道路が封鎖されたり、工場が閉鎖されたりとで衣類や食料など物資が枯渇します。

そのため、災害に備えて非常食を常備することは大切です。また、非常食は保存期間を伸ばすために味を濃いめにしているため、繊細な味が恋しくなります。

そんな時に、ちょうど良い甘さであるえいようかんが役に立ちます。お菓子で有名な井村屋さんが販売しているえいようかんは災害時に重宝するでしょう。

今回は、そんな非常食のえいようかんについて紹介します。一読し、非常食の準備を検討していただければ幸いです。

スポンサーリンク

非常食・保存食のえいようかんとは

えいようかんとはお菓子で有名な井村屋さんが販売してる長期保存が可能なミニようかんです。非常食ということで甘すぎず、水がなくても食べることができます。

また、固さも柔らかいので小さい子どもや高齢者の方も食べることができます。包装も個包装になっておりフィルムを開けることで食べることができるユニバーサルデザインになっており手が不自由な方も食べることができ、さまざまな方に愛好されています。

スポンサーリンク

非常食・保存食のえいようかんの値段(価格)

えいようかんの値段は様々です。400-500円で購入することが出来ます。

スポンサーリンク

非常食・保存食のえいようかんのカロリー

えいようかんは1本で171kcal摂取することが出来ます。これはご飯一杯分のエネルギーに該当します。

スポンサーリンク

非常食・保存食のえいようかんの賞味期限(何日持つ)

5年間保存することが可能です。非常食・保存食として有名なビスコの賞味期限も5年です。ここで、注意して頂きたいことが一点あります。それは賞味期限の設定についてです。

賞味期限は購入日からで5年間ではなく製造日から5年間です。いざ、購入してみたら「後、残り2年間しか賞味期限がない!」ということもあるので注意してください。

スポンサーリンク

非常食・保存食のえいようかんのレシピ(アレンジ方法)

賞味期限が切れたら食べなければいけません。そんな時に一工夫加えれば、えいようかんをさらに美味しく食べることができます。

今回紹介するのはえいようかんで作るミニあんぱんおしるこです。こちらにURLを載せるのでぜひ見てみてください!

えいようかんで作るあんぱんのレシピはこちら
えいようかんで作るおしるこのレシピはこちら

スポンサーリンク

非常食・保存食のえいようかんのアレルギー原材料使用状況

えいようかんの原材料名は「砂糖」「生あん」「水飴」「寒天」の4つです。特定原材料、特定原材料に準ずるものを使用していないためアレルギー持ちの方でも食べることが可能です。

スポンサーリンク

非常食・保存食のえいようかんの購入方法

えいようかんは楽天Amazonのようなネット販売や店頭でも購入できます。「自身の目で賞味期限などを確かめたい!」という方は店頭で、少し試してみたかったり、重いから買って運ぶのが大変と感じたりした方はネットでの購入をお勧めします。

スポンサーリンク

まとめ

こちらの記事はいかがだったでしょうか?いつ起こるか分からない自然災害。そんなときに役たつのが非常食です。

小さい子どもから高齢者の方まで、幅広い方が食べることができるえいようかんの購入を検討してみてはいかがだったでしょうか?

コメント