非常食にお菓子?5年間持つ非常食のビスコについて紹介します

スポンサーリンク
非常食

非常食のビスコは美味しい?非常食にビスコが選ばれる理由

江崎グリコから発売されている、「ビスコ」というお菓子はご存じでしょうか。赤いパッケージが特徴の、シンプルで美味しいクリームサンドビスケットです。恐らく大人から小さな子供まで、多くの方に馴染みのあるお菓子だと思います。そんなビスコには、非常食用のタイプがあります。非常食用のビスコは、味は慣れ親しんだビスコのままに災害時に備えての長期保存ができます。ここでは、そんな非常食用のビスコについて紹介していきます。

スポンサーリンク

非常食のビスコとは?

非常食用のビスコは、味は通常のビスコと変わりません。違うところは、主にその賞味期限です。

非常食のビスコの特徴

非常食用のビスコは、江崎グリコという大手の食品メーカーから発売されています。ビスコの他にも「ポッキー」「プッチンプリン」「ジャイアントコーン」など、誰しも一度は目にしたことがある有名なお菓子を多数販売している会社です。ビスコの歴史は1933年からと非常に古く、長い間人々からの人気を保ってきたことが分かります。非常食用のビスコが発売開始されたのは2007年からで、これだけでも10年以上の歴史を持っています。

ビスコに含まれている乳酸菌の効果

ビスコの最大の特徴は、クリームの中に多量の乳酸菌が含まれていることです。よく聞く言葉ですが「乳酸菌」とはいったいどのような効果を持っているのでしょうか。その最も主要な効果は、腸内の環境を整えることです。腸内を酸性にすることにより、腐敗を抑えたり便秘を解消したりすることができます。また最近の研究により、免疫機能の改善や血、液中のコレステロールを低下させる効果があることも判明しました。乳酸菌を摂取することにより、健康な体を作ることができるのです。

非常食のビスコのカロリー・栄養素

非常食用のビスコのカロリーは、1缶あたり588kcalです。乳酸菌が多量に含まれているため、健康に良い商品となっています。

非常食 ビスコ

非常食用のビスコは、袋入りと缶入りの2種類が販売されています。袋入りの方は法人向けとなっていますので、個人で非常食用に購入するのであれば缶に入ったタイプとなります。何よりも甘味である、という点が他の非常食と違うところでしょう。ただのクッキーやビスケットと違い、クリームが入っているのでパサパサする感覚も少ないです。缶には蓋が付いており、一気に全部食べずに複数回に分けることができます。またビスコの認知度は国内98%と高く、基本的に老若男女問わずどんな方でも美味しく食べることも大きな特徴です。

非常食のビスコの賞味期限

非常食用のビスコの賞味期限は5年となっています。他の非常食用ビスケットの賞味期限も4~6年の物が多く、それらと違ってクリームが入っていることを考えるとかなり長くなっています。通常のビスコの賞味期限は10ヶ月ですので、ざっと5倍以上です。

なぜ非常食のビスコは長持ちするのか?

非常食用のビスコがここまで長持ちするのには、2つの理由があります。1つは、脱酸素剤によって缶内の酸素が取り除かれていること。もう1つは、ビスコの入った包装に小さな穴をあけて袋内の酸素も取り除いていることです。

非常食のビスコのアレルギー

非常食用のビスコに含まれるアレルギー物質は、27品目中乳成分と小麦粉だけです。なんと、ビスコは卵を使用せずに製造されているのです。アレルギーの内4割は卵アレルギーですので、かなり多くの方が安心して口に入れられます。

非常食のビスコの値段・購入方法

非常食用のビスコは、通常の物と違ってスーパーやコンビニなどでの販売は基本されていません。おすすめは、Amazonや楽天などのネットショップでの購入です。相場は1缶あたり500円ほどで、まとめ買いではさらに安くなる場合もあります。

まとめ

さて、いかがだったでしょうか。災害時は、フィジカル的にもメンタル的にも疲労が溜まるものです。そんな中、食べ慣れた甘いお菓子の存在は非常に大切な物となります。非常時だからこそ、食の方面でストレスを抱えたくはありません。ビスコが好きだという方は、是非非常食の中にこのビスコを入れてみてはいかがでしょうか。