災害見舞金とは

コラム

もし、身近な人が地震や台風、津波などで自然災害や火事に見舞われた時、お見舞いをしたいものです。しかし、災害の際は被害者にどのようにお見舞いをすれば良いのででしょうか?今回は、お見舞いの1つである、災害見舞金について紹介します。

スポンサーリンク

災害見舞金とは

地震や台風などの自然災害による事故や人為的災害で被害を受けた被災者に対して渡す見舞金のことを「災害見舞金」といいます。災害見舞とは大きく分けて3つの種類があります。市区町村などの自治体が被災した住民に対して支給している「災害支給金」。親族や親戚が被災した時に個人と個人のお金のやり取りである、「災害見舞金」そして、会社の福利厚生などで用意している「慶弔見舞金」の中の「災害見舞金」です。ここでは、3つに分けて紹介します。

災害見舞金の種類

市区町村が支給している災害見舞金

自治体によっては、被災した住民に対して「災害見舞金」を支給しています。しかし、この見舞金は自治体や被災のレベルによって支給されるお金の額が異なります。ここでは、港区を例にとって記載します。港区では被害区分や世帯によって支給される額が異なります。また、この見舞金を管轄している部署も「共同推進課」や「福祉推進課」など自治体によって名前が異なるのでもし機になる方はお住いの自治体のホームページをチェックしたり、問い合わせをしてみたりすることをお勧めします。

親族や親戚からいただく「災害見舞金」

親戚や親族などの自身の身の回りの方に渡す見舞金です。人によってはお金より水や食料、タオル系や衣類など日用品が欲しい方もいるので連絡が取れる場合は前もって欲しいものを送ることが得策でしょう。その後、落ち着いたタイミングで見舞金の方を送りたいものです。

会社の福利厚生などで用意している「慶弔見舞金」の中の「災害見舞金」

まず、ここでは「慶弔見舞金」について簡単に説明します。「慶弔見舞金」とは従業員やその家族の祝い事や不幸に対して、会社が支給するお金ことです。主に、「結婚祝金」「出産祝金」「脂肪弔慰金」そして、今回この記事で取り上げている「災害見舞金」などが含まれています。企業としては「災害見舞金」を支払う義務をありませんが、勤労意欲の向上や離職防止の目的も含め、福利厚生屋待遇などで支給しているそうです。

スポンサーリンク

災害見舞金の渡し方

「災害見舞金」を渡す際はいくつかのルールがあります。まず、お金の裏表はきちんと揃えましょう。福沢諭吉など肖像画が記載してある方がお札の表になります。お札の表(肖像画が記載してある方)を自身の方に向けて包みます。正直、お札の包み方まで気にする方は少ないですが、包み方を知っていると急な出来事に対応出来るでしょう。

お札は新札の方が良い

お札は新札でなくて問題ないですが、汚れが酷かったり、しわだらけのお札はの使用は避けましょう。不幸の際は新札の使用は避けられていますが、災害見舞金の場合はそのようなルールはないので、もし違和感は感じるのであれば、折り目を入れるなどするのが良いでしょう。

スポンサーリンク

災害見舞金の封筒(のし袋)

災害見舞金を封筒に包む際はルールがあります。

封筒の種類

封筒は市販のしろい無地のものを用います。祝儀袋や不祝儀袋は用いないので注意していください。表書きは「御見舞い」「災害見舞金」「震災見舞金」と黒字で記載します。災害見舞金は水引や熨斗(のし)は必要ありません。

水引きとは、祝儀袋や不祝儀袋などの進物用の包みを結ぶ飾り紐のことです。

スポンサーリンク

災害見舞金の金額の相場

災害見舞金は渡す方によって、金額が異なります。見舞金は気持ちが込もっていれば値段の額はいくらでも良いと思いますが、相場が決まっているので、参考にしてください。

   

  

   

   

  

 

誰に対してか金額の相場
両親10,000円〜50,000円
兄弟姉妹10,000円〜30,000円
祖父母5,000円〜30,000円
おじ、おば、甥、姪、いとこ3,000円〜20,000円
他の親戚3,000円〜10,000円
友人5,000円〜10,000円
知人、近所の人3,000円〜5,000円
上司、同僚、部下、恩師5,000円〜10,000円
スポンサーリンク

まとめ

親戚や親族が被災したことを知った場合、一刻も早くサポートをしたいものです。しかし、そのサポートが相手の迷惑になってしまったら本末転倒です。災害後すぐなら、支援物資、期間があいたら見舞金などその場に合わせて相手に気を使わせないことが大切です。

災害見舞い品についてはこちら

コメント