台風の準備は何をすればいい?非常食だけでは危険!やっておきたい6つの事

台風(豪雨)

次に来る台風が結構大きいみたいだけど、やるべき事がわからない…

一体どのような準備をすればいいの?

みなさんこのような悩み、不安を抱えていませんか?地震の避難や準備なら避難訓練でよくやるけど台風の避難や準備はやらないし、実際どのような準備をすればいいのかわからないですよね…

でも大丈夫!

今回は数々の災害対策を手がけるLife Charm編集部が台風が来る前に準備する物や準備する事。そして台風が来た後からでも準備できる事まで誰にでも分かるように徹底的に解説して行きます。

この記事を読めば台風が来ても何事もなく次の日を迎えられるでしょう。

スポンサーリンク

台風が来る前にできる準備

台風が来る前にできる準備は大きく分けて家の中でできる事と家の外でできる事の2つに分けられます。

家の外でできる台風準備

家の中でできる台風準備は次のようなものです。

ベランダや庭にあるものを片付ける

台風が来る前にベランダや庭にあるものは片付けましょう。強い台風が来た時、植木や釣竿などベランダに置いてあるようなものは簡単に吹き飛ばされてしまいます。

吹き飛ばされなくても外のものが倒れて壊れたり、窓ガラスに衝突して割れてしまうなんて事も考えられます。

片付けられるものは家の中に片付けてしまいましょう。

家の門をしっかりと固定する

一軒家の人などは特に注意して欲しいのが家の門です。家の門はほんの少しの風でも閉じたり開いたりします。それが台風となると一体どんな事が起こるでしょうか?

すごい勢いで家の門が暴れる事は間違い無いでしょう。そんな事になれば、避難指示が出て家から避難する必要が出た時にとても危険です。強い風にあおられて、勢い余って門がはずれてしまうなんて事も十二分に考えられます。

家の門は鍵を閉じるだけではなく、しっかりと紐で縛るなど動かない工夫をしましょう。

ドアや窓を補強する

台風が来る前にドアや窓をしっかりと補強するようにしましょう。

ドアや窓を補強するだけの人がよくいますが、これは大変危険なのでやめてください。

特に強い台風の時などは外からとんでもない飛来物が襲ってきます。店のシャッターが剥がされるなんてシーンをニュースで見た事があるなんて人もいるのではないでしょうか?

アンテナの固定

一軒家の人に注意して欲しいのがアンテナの固定です。お店を出している人は看板などの固定もしっかりしましょう。

天井にあるものは地上にあるものよりも風によって吹き飛ばされやすいです。アンテナや看板はかなり飛ばされやすいので紐などでもいいので固定しましょう。それだけでも大分変わるはずです。

家の中でできる台風準備

家の中でできる台風準備は次のようなものです。

家電製品のコンセントを抜く

台風に落雷は付き物です。落雷が落ちるとコンセントを通してたくさんの電流が流れてきます。多量の電気によってアナタの家電製品はたちまち使い物にならなくなるでしょう。特にパソコンなどの精密機器はとても繊細なので気をつけてください。

水の確保

台風が発生すると断水する可能性があるので水の確保はしておきましょう。おすすめはお風呂にたくさんの水を貯めておくことです。トイレを流す時など飲み水以外で使う時にとても便利です。

一応、飲み水にも使用できますが、衛生面が木になる人はあらかじめ避難用水を準備しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

台風の前に準備する品

台風が来るとしばらく外出ができなくなったり、輸送通路が塞がれて店に商品などが届かなくなってしまいます。

そのため、商品がなくなる前に必要なものを買い揃えておく必要があるんです。Life Charmでは台風の準備品として次のようなものをおすすめしています。

飲料水

飲料水はジュースなどでも問題ありませんが、逆に喉が渇いたりする可能性もあるので通常の水などがおすすめです。また台風が来る前日に用意しようとしても商品が買えないなんて事もあるので非常時ように予め準備しておくことをおすすめします。

 

非常食

非常食も水と同様に台風が来る前日などに買い揃えようとしても商品が買えないなんて事があるので、前もって用意しておくことをおすすめします。

また、カップラーメンなどの火や電気を使用するものは停電している時のことを考えると非常食には適していません。非常食にはカンパンやビスコのような物を準備するようにしましょう。

懐中電灯

台風のせいで停電するなんてことはよくあります。どのくらいで電気が復旧するのかはわかりません。大規模な停電になればなるほど復旧は大変なものになるでしょう。

非常時でも明かりがあるだけで人間の精神は落ち着くものです。精神衛生上、懐中電灯などの明かりはとても大事な役割を果たしてくれるので、台風が来る準備の段階で揃えているのが理想でしょう。

スポンサーリンク

台風準備に必要なこと

台風準備に必要なことは何よりも命を守ることです。平成30年7月豪雨では記録的な豪雨によってたくさんの命がなくなってしまいました。

そのためにハザードマップ、避難場所や避難経路の確認、家族との連絡方法なども確認しておきましょう。気象庁から随時更新されている避難状況などもケータイなどから確認しておくことをおすすめします。

スポンサーリンク

台風準備まとめ

いかがでしょうか?

台風の準備は食料などの確保だけで終わってしまう人がたくさんいます。しかし、過去にも人の命がなくなることもよくある台風では食料の確保だけではとても危険です。

命を無くさなかったと言っても怪我をしたり、家電製品などが壊れたり、たくさんの被害が考えられます。今回紹介した内容をもって、台風の準備をして身を守りましょう!

コメント