【南海トラフ地震の予言者!?】未来人が予言する!南海トラフはいつ起きる?

コラム

たまにテレビや雑誌などで見かける災害の予言者。正直、胡散臭いところもありますよね・・・今回は、予言者に関連して、南海トラフの予言者に関して紹介します。

スポンサーリンク

予言者と預言者の違い?

まずは、今回のトピックである予言者(預言者)について簡単に説明します。

まずは、予言者についてです。こちらは、未来を予測する人という意味です。今回のトピックである地震の「よげん」」は未来に起こる可能性があることを伝える方なので予言になります。感じの通りですね。

それに対して、預言神の言葉を伝える人を指します。例えば、イスラム教の預言者、ムハンマドか神様から言葉を預かり、伝えたので預言の方を用います。

簡単な、予備知識として頭に片隅にでも入れていただければ幸いです。

スポンサーリンク

南海トラフの予言者とは?

それでは、本題に入ります。南海トラフ地震など地震の予言者で有名なジュセリーノという方がいます。

普段は、ブラジルで英会話教師をしているのですが、予知夢による予言が出来ると一部のマスメディアで取り上げられました。しかし、予言的中率はそこまで高くないので、今では彼の注目も沈静しています。

スポンサーリンク

未来人や専門家はいつ南海トラフ地震が来ると言っている?

先ほど、紹介したジュセリーノ氏は2018年6月21日に日本の東海でM10.6の地震が発生すると予言していました。しかし、そちらの予言は昨年のことなので、大きく外してしましました。彼からは南海トラフに関しての新しい予言は述べられていません。

地震学の専門家はこう語る

地震学の専門家である、武蔵野学院大学島村英紀特任教授はこう語ります。

「今後50年以内に90%だとか30年以内に70%だとか、発生確率などという数字を聞いても、実際どれくらい地震が切迫しているのか、イメージがつかない人も多いでしょう。よく分からないけど、まあ来ないんだろうなどと聞き流してしまう人もいるかもしれない。

しかし、南海トラフ大地震は、すぐそこまで迫っている可能性もあるのです」

また、立命館大学歴史都市防災研究所の高橋学教授は、

「今年の4月、5月のデータを集計してみると、4月後半以降、東日本大震災の余震が急減少した地域があった。一方、時を同じくして普段はほとんど地震のない韓国・ソウルで地震が起きたり、中国と北朝鮮の国境にある白頭山周辺で地震活動が活発化している」

「日本だけを見ていても分からないのですが、どうも南海トラフを含む日本の近海で大陸側の地殻の下に潜り込んでいるプレートの動きが、朝鮮半島や中国にまで影響しているらしい。すでに何らかの変化が始まっている可能性は否定できないと思います」

と話しています。南海トラフ地震は100%起こるとは言えないですが、起こる可能性は高いということが予言者や専門家の話を基に言えるでしょう。

スポンサーリンク

東日本大震災も予言されていた?

実は、東日本大震災にも予言されていたのではないかと一部で話題になっています。その、予言の基になったのが2009年に韓国で話題になった映画TSUNAMI‐ツナミです。

映画の内容は韓国の都市、釜山近くのビーチに高さ100m、時速800kmの巨大な津波が襲ってくるというものです。その映画の中に日本地図が出てくるのですが、その地図の東北地方の部分に違和感があります。青森県と秋田県の両県を除いて東北地方ほとんどが水没のためかけているのです。

こちらは、東日本大震災の際に起きた津波を暗示しているのではないかと騒がれています。

スポンサーリンク

まとめ

南海トラフの予言に関していかがだったでしょうか?正直、予言というものは胡散臭いものが拭えません。しかし、過去の事例を踏まえると必ずしもなおざりに出来るものでもありません。いろんな情報を主体的に調べ、吟味し、適切な防災に努めましょう。

コメント