津波の高さを予想する方法!次は南海トラフ地震?

津波

こんにちは。Life Charm変種部のそういちです。皆さんは津波の高さを予想する方法を知っていますか?実は、次に来る大津波は南海トラフ地震によって引き起こされるとも言われています。この記事では津波の高さを予想する方法と次に来ると言われている南海トラフ地震で発生する津波の高さについて扱っていきます。

スポンサーリンク

津波の高さを予想する方法

あまりご存知ない方もいるかと思いますが、津波の高さはある程度予想されています。地震が発生した際に一番に届く津波情報がそれです。「地震の発生した場所と地震の大きさ」を「過去の地震と津波のデータ」に照らし合わせ内陸に押し寄せる津波の大きさを算出します。

算出された結果はできるだけ早く皆さんの元に届くようになっています。その結果の正誤性に関わらずです。つまり、その津波情報は正しくない可能性があります。もっと言ってしまえば間違っています。

では、なぜ正しいかもわからない津波情報をながす必要があるのでしょうか?それは津波の高さを正確に感知するタイミングにあります。津波の高さは海沿いの計測器まで来なければ正確には分かりません。

しかし、その結果を待っていれば人々は津波に飲まれてしまいます。そのため地震が発生すると同時に津波の高さを予想する必要があるのです。間違った情報と言っても大きく数字がずれていたリすることはほとんどあり得ないので、その情報を基に非難を開始しても何ら問題はありません。

スポンサーリンク

次に来る地震は南海トラフ!?津波の高さを予想してみよう!

次に来る大津波は南海トラフ地震の際に発生すると言われています。南海トラフ地震とはいったい何でしょうか?その時の大津波の高さはどのくらいなのでしょうか?この二つについてこれから解説していきます。

南海トラフ地震とは

南海トラフ地震とは日本最大級の地震のことです。密度の低いユーラシアプレートに密度の高いフィリピン海プレートが衝突しユーラシアプレートの下に沈み込み歪みができます。プレートがその歪みに耐え切れず、元に戻る時の振動で発生する揺れを南海トラフ地震と言います。

つまり、でっかいユーラシア大陸とフィリピン海プレートが衝突するために起こる大地震と言うことです。

南海トラフ地震はマグニチュード8クラスの大地震です。100年に一度のペースで発生しており、現在日本では150年間もの間発生しておりません。地震のメカニズム的にこの期間が長くなれば長くなるほど地震の揺れは大きくなります。なので専門家達は南海トラフ地震をとても危険視しています。

津波の高さを予想してみよう

南海トラフ地震の際に発生する大津波の範囲はとてつもなく広いです。高さ10メートル以上の大津波が広範囲にかけて日本を襲います。局所的には20メートルを超える津波が押し寄せると言われています。

以下の画像は気象庁が発表している画像です。大参事には控えめな気象庁ですらこの分布図を作成したのです。もっと大きい津波が来ると思っていても問題ないくらいです。

 

現在記録に残っている日本最大級の津波は東日本大震災(太平洋沖地震)の時に発生した津波です。南海トラフ地震の際に発生する津波はそれよりも大きいのです。次に来る大津波にできるだけ早い段階で備えることをオススメします。

東日本大震災の時に発生した巨大津波について知りたいという人はこちらの記事で詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

津波の高さはどのくらい?東日本大震災の危険度を建物に表してみた!
...
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

津波の高さを予想する方法を皆さんは知っていましたか?津波の高さを予想してきた気象庁ですら危惧する南海トラフ地震は確実に起こります。これはオカルトでも何でもありません。科学的に、統計的に、いづれ訪れるんです。

この機会に皆さんも南海トラフ大地震に備えてみてください!

 

コメント