地震の前兆に起こる現象とは?嘘から真実までを徹底解説!

地震

皆さんこんにちは。Life Charm編集部のそういちです。地震の前兆としてどのような現象が起こるのか気になったことはありませんか?この記事では地震の前兆に起こる現象を誰にでも分かるように解説していきます。

スポンサーリンク

地震の前兆は存在する?

地震の前兆は存在します。地震の前兆として時々確認される現象から、仮説としてあり得る現象まで幅広いです。地震の前に確認される現象は主に以下のようなものがあげられます。

  • 前震
  • 鳴動(地鳴り)
  • 地盤の変化
  • 海面の変動
  • イルカや深海魚などの座礁
  • 動物たちの異常行動

前震

地震の前兆として小さい揺れが何度も来る現象があり、これを前震と言います。本震が来る数か月前~数年くらいの期間に本震の震源地付近で何度も地震が起こります。わずか二ヶ月の間に3000回もの前震が確認されたこともあります。しかし、本震が来る期間を全く特定できないため、あまり役に立たない前兆です。

鳴動(地鳴り)

地震の前兆として確認される現象に地鳴りがあります。前震に伴って地鳴りが聞こえてくる現象です。あまり確認されない現象なので断定はできませんが、地鳴りが聞こえたら地震の前兆だと思っても大丈夫です。地鳴りが聞こえた後に地震が発生する期間は比較的短いです。3日以内など、比較的に早く大きな揺れが来ると思って大丈夫です。

ただ本当に地鳴りが聞こえることは少ないのでこちらも地震の前兆に起こる現象としてはあまり活用性はありません。

地盤の変化

地震の前兆に起こる現象として地盤の変化が確認されています。地盤の変化はプレート付近で固い岩盤などがずれたり破壊しあったりすることによって起こります。しかし、明らかに地盤が大きく変化したりすることは稀なため地盤が変化しても、ほとんどの場合は見過ごされてしまいます。

こちらも地震の前兆に起こる現象として、活用は難しいのが現状です。

海面の変動

地震の前兆に起こる現象として海面の変動があげられます。海面の変動は地盤の変化によるものです。漁師などが稀に海面が変動していることに気づいたという事例がいくつかありますが、大きく変動することは稀です。やはりこちらも地震の前兆としてはあまり活用性はありません。

イルカや深海魚などの座礁

地震の前兆に起こる現象としてイルカや深海魚などの座礁が確認されます。プレートの近い深海にすんでいる深海魚は地震の前兆に敏感に反応し海底から離れて最後には座礁してしまうと言われています。イルカなども微量の電磁波で方向感覚が狂ってしまうために地震の前兆に生じるエネルギーに反応し結果として座礁してしまうと言われています。

イルカや魚と地震の前兆がどのように関係しているのかをより詳しく知りたいという人はコチラの記事を参考にしてみてください!

>>地震の前兆にイルカや魚が取る行動について

動物たちの異常行動

地震の前兆に起こる現象として動物たちの異常行動があげられます。人間よりも優れた器官をもった動物たちが我々人間では気づかない異常、地震の前兆を察知し生存本能から異常な行動をとるという現象です。犬や猫などが不自然な行動をとる等、事例も数多く存在しています。

地震の前兆として動物たちがとる異常行動について詳しく知りたいという人はコチラの記事を参考にしてみて下さい!

>>地震の前兆に動物たちがとる行動について

スポンサーリンク

実は嘘!地震の前兆として起こらない現象とは

地震の前兆として起こる現象としてよく勘違いされているのが地震雲です。実は地震雲が存在している科学的根拠はありません。ただの噂です。もしかしたら地震と雲は何か知らの因果関係があって地震雲という現象が存在するかもしれませんが、現段階では地震雲の存在は否定されています。

地震雲についてより詳しく知りたいという人はコチラの記事で詳しく解説しているのでぜひ、参考にしてみてください!

>>地震雲について

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

地震の前兆は様々な現象がありますが、何月何日にどのような地震がくるのかまでは断言できません。地震が来るかもと思ってから対策するのではなく日ごろから地震対策をすることが大事です!

 

コメント