災害ボランティアの服装や持ち物は?

コラム

近年、災害が起きた際、各地で災害ボランティアを募り災害ボランティアが復興、復旧の手助けとなっています。そのため、災害ボランティアをするという敷居が低くなり、ボランティアをする方が増えたと思います。ボランティアを行う際は適切な服装、持ち物を準備する必要があります。今回は災害ボランティアの服装や持ち物について紹介します。

スポンサーリンク

災害ボランティアを行なう際の服装

ボランティアを行う際の服装は注意が必要です。暑いから半袖、動きやすいからスニーカーなどそのような考えでは危険です。ここでは、災害ボランティアに適した服装について紹介します。

屋外でボランティアをする場合

屋外でボランティアを行う際は特に服装に注意が必要です。仮設住宅や避難所での被災者の方との交流が中心であれば服装にそれほど気を使う必要はありません。しかし、屋外で瓦礫の撤去や支援物心などを運ぶなど力仕事のボランティアでは服装にも注意が必要です。やはり、Gパンなど動きにくい服装よりはジャージなど動きやすかったり、通気性や発汗性がものを着用することが良いです。

夏の災害ボランティアを行なう際の服装

夏など日差しが強い際は半袖はなく、日焼けによる水膨れや怪我を防ぐために長袖長ズボンが適しています。また、急な天候や気温の変化に備えて長袖長ズボンでの活動が適しています。

スポンサーリンク

災害ボランティアを行なう際の持ち物

災害ボランティアをする際はしっかりとした準備が必要です。しかし、荷物が多すぎても重くて邪魔になるだけです。必要最低限の荷物を持っていくことを心がけましょう。

災害ボランティアを行う際の持ち物の例

マスク

軍手

ゴム手袋だと水分を弾いてくれるので雨の日やつ土などを触る際にも適しています

長袖長ズボン

汚れる可能性があるので、汚れても良い服装にしましょう。

長靴

膝下までの長さがある長靴がベストです。また、スニーカーとサイズの規程が異なるので、長靴を履いて歩いたり、屈伸をしたりしてサイズが適切か確認してから購入しましょう。

食事

夏の屋外でボランティアをする際、食欲が無くなるかもしれません。しかし、食べ物を食べないと集中力が欠けたりして思いがけない事故を起こすことも考えられます。ゼリー飲料やおにぎりなど手軽に食べられるものを用意しましょう。

水分

暑い日は想像以上に発汗し、水分を要します。多めに用意しましょう。汗を大量にかいた際はスポーツドリンクも良いです。

帽子

太陽の日差しを避けるための必需品です。また、雨なども防ぐことも出来るので必ず持参しましょう。

日焼け止めクリーム

長時間炎天下にいる際は必要です。女性に限らず、肌の弱い男性の方も持っておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

女性の災害ボランティアの服装

女性だから多少のおしゃれに気を使いたいかもしれません。しかし、災害ボランティアを行なう際は動きやすさをモットーにしなければいけません。肌の露出の多い服装は避け、日焼けなど肌のトラブルも軽減出来る長袖長ズボンの着用をしましょう。スカートも動きが制限されるので好ましくないです。

スポンサーリンク

まとめ

ボランティアだからといって、私服で行うのは大変危険です。やはり、私服ですといつもどおりの気持ちになってしまい、怪我を誘発してしまう可能性があります。服装をボランティア用にすることで、気持ちも引き締まり、怪我や事故の危険性を軽減することが出来ます。災害ボランティアに行く際は是非服装に気を配ってみてください。

コメント