災害見舞品とは?「注意すること」や「渡すもの」をご紹介!

コラム

日本は南北に長く四季がある自然豊かな国です。また、島国で隣接国がなく平和だったりと海の幸が捕獲できたりと恵まれた国です。その反面、地震や台風など自然災害が多く、日本で暮らす上では、自然災害を避けることは難しいです。身近な方が自然災害の被害を受けることも珍しいことではないでしょう。もし、身近な人が自然災害の」被害を受け際、私たちは何がで出来るでしょうか?そんな時は災害見舞い品を贈って少しでも復興の手助けをしたいと思うでしょう。今回は、そんな「災害見舞いの品」について紹介します。

スポンサーリンク

災害見舞いとは

親戚や身近な人が災害の被害を受けた場合、彼らの助けとなるものを贈ります。また、災害後、家に居るのか、避難所に居るのかなどあいての状況によって贈るものが異なります。被災者の安否書く人が一番気になりますが、まだ被災した土地の交通や水道などのインフラが整っていない常態で被災地に赴くことは逆に迷惑になってしまいます。もし、被災を受けた方と連絡を取れるのであれば、必要な物を伺い、贈ることが得策でしょう。もし、連絡が取れない場合は水や食料などどのような状況でも必要な物を贈りましょう。災害見舞いの品の他に最外見舞金もあります。こちらは、目上の方に贈っても問題はありません。

スポンサーリンク

災害見舞いの品物

災害見舞いの品として贈るのに望ましいもの

くりかえし記載しますが、「あいての必要なものを贈る」ことを徹底することが大切です。連絡が取れるのであれば電話等でひつようなものをヒアリングしたり、もし連絡が取れない場合はTVや新聞などで被災の状況を判断して、必須なものを贈りましょう。情報がひつような場合はラジオや新聞、生活品が枯渇している場合は生活品を贈るなどしましょう。女性の方向けに頼みにくい生理用品などを贈るのも良いでしょう。

災害見舞いの品として贈るのに望ましくないもの

まず、一番贈ってはいけないものは、相手にとって要らないものです。当たり前のようですが、私たちは被災者の気持ちを理解することは難しいです。私たちは必要だと思ったけど、実は不要なものだったということが起こる可能性は少なくないです。使用済みの衣料品、肌・体に合うか分からない化粧品や日用品そして花などの飾り物を贈るのは避けましょう。

スポンサーリンク

災害見舞いの品を選ぶ際のポイント

上掲でも記載の通り、被災者の方が何を欲しいのかをきちんと把握し、必要なものを必要なタイミングで贈ることが大切です、また、災害の時は赤いものを避けて、白無地袋または、無地短冊を使用しましよう。また、一概に「災害見舞い品」といっても災害の内容によって違います。

水害や火事の被害を受けた場合

寝具や衣服などは濡れてしまうと乾くまで使用できません。衣服はサイズが大まかでもわかっている際は出来る限りサイズの近い衣服を贈りましょう。寝具は敷布団、掛け布団、枕の3点セットを贈ると喜ばれます。衣服を着る際に必要な下着、家で着ることができるジャージなどTPOを満たすことが出来る服を贈りましょう。また、日用品も必要です。家事や水害の後は片付けが必要です。洗濯用品を始め、洗濯ネットやハンガーなど細かいところまで気を配れると良いでしょう。

地震の被害を受けた場合

地震で電気た水道がともある可能性は十分考えられます。そのため、生命活動に必要不可欠な日持ちのよい食べ物や水を贈ることが大切です。また、電気が止まっていると夜間の行動が極端に制限されてしまいます。そのため、懐中電灯やランタンなどを贈ることが出来るとたいへん重宝されるでしょう。省電力で点灯時間が長いLEDライトだとなお良いでしょう。

避難所にいる場合

基本的に避難所は仏師が枯渇しています。また、冷暖房が完備している避難所は少なく、気温の変化に晒されてしまうことが多いです。そのため、タオルケットや寝袋など寝具にも使えるかつ、防寒対策にもなるものが良いでしょう。また、特定のメーカーの指定などを聞けたら医薬品なども贈ると良いでしょう。

スポンサーリンク

災害見舞い品の勘定科目

被災した社員や取引先に贈る「災害見舞金」は、一般的に「接待交際費」と扱われ、税務上でも「交際費等」として見なされます。しかし、取引際の会社の損害は間接的に自社の損害にも繋がります。そのため、取引先の復興、救済に関わる費用は税務上では「交際費等」に入らず、実質的に「販売奨励金」として考えられます。よって、費用の用途によって、「接待交際費」ではなく「雑費」や「販売促進費」、多額な場合は「雑損失」として処理が行われます。災害見舞金を受けた側は「雑収入」や「受贈益」などの収益に計上します。

スポンサーリンク

まとめ

被災した時はとにかく物資が不足しています。贈る側は適切なものを出来るだけ早く贈る。しかし、迷惑はかけてはいけません。被災者を助ける側も複数の視点を持って、何が得策かを考えることが大切です。ただ、災害見舞いの品を贈るだけでなく応援メッセージや写真などを一緒に贈ることで、被災者の心の支えになるでしょう。この災害の多い日本で暮らしている場合はいつ自身が被災者側に立つか分かりません。常、日頃から災害に対してアンテナを張って災害対策をしていきましょう。

コメント