これは危険!?地震の前兆に動物達がとる行動を徹底紹介!

地震

皆さんこんにちは。Life Charm編集部のそういちです。

地震の前兆としてペットが変な行動をとった。イルカや深海魚がたくさん座礁した。カラスの大群が空を埋め尽くしていた。などなど…地震の前兆に動物たちが異常な行動をとるという話を聞いたことがある人もいるのではないでしょうか?

この記事では地震の前兆として動物たちがとる異常行動にまつわる話を誰にでも分かるように徹底解説していきます。

スポンサーリンク

そもそも地震の前兆に動物たちは異常行動をとるの?

結論から述べると、動物が地震の前兆を察知し、異常行動をとることは”ある程度”分かっています。しかし、まだまだ研究が進んでいないため明確に示すことはできないのが現状です。

地震が発生する前、震源地であるプレートの隣接部分で堅い岩がお互いにこすれて破壊しあうことが分かっています。そこから電磁波が発生することも科学的に分かっているんです。人間よりも一部の感覚が優れている動物たちにとって、そんな地震の前兆を察知することはさほど難しくありません。

受け継がれてきた動物たちの遺伝子が地震の前兆を察知し本能的に逃げようとしたり、異常行動をとることも何ら不思議ではないんです。しかし、動物が異常行動をとるのは地震の時だけではありません。様々な要因が考えられます。そのため、動物が普段取らないような異常行動をとったからと言って地震の前兆とは決めつけられません。このことが現実的活用をより難しくしています。

スポンサーリンク

地震の前兆に異常行動をとる動物は?

地震の前兆として異常行動をとるのは一体どのような動物なのでしょうか?事例としてよく聞く、有名な動物は以下のようなものです。

  • 犬・猫
  • イルカや深海魚
  • カラスなどの鳥

漫画などでも地震の前兆などで描きうつされる動物ばかりでイメージしやすいですね!

スポンサーリンク

地震の前兆に動物がとる異常行動にはどのようながある?

上記で紹介した動物達は地震の前兆に一体どのような異常行動をとるのでしょうか?

犬や猫

日本の一般家庭で一番飼育されている犬や猫はその数の多さから、地震の前兆に異常行動をとったという話をよく聞きます。犬や猫がとる異常行動は主に以下のようなものです。

  • 何もない所で穴をいつまでも掘る
  • 飼い主に向かって普段は吠えないのに吠える、噛みつく
  • 何もない方に向かって吠えつづける
  • 同じところをグルグルと回る

  • 高い所から降りれない
  • ずっと鳴き声を上げる
  • 落ち着かない

犬や猫を飼っている人なら分かると思いますが、自分の犬や猫が突然このような行動をとり始めたらビックリしますよね?もしかしたら地震の前兆なのかもしれません。

イルカや深海魚

イルカや深海魚が地震の前兆にとる異常行動とは浅瀬にすらめったに姿を現さないイルカや深海魚が岸に上がってきてしまうというコトです。

みなさんはリュウグウノツカイという深海魚を知っていますか?実はリュウグウノツカイが岸に現れたら地震が起こるという言い伝えがあります。リュウグウノツカイは海底の奥深くに生息する、普通ならお目にかかれない深海魚です。

リュウグウノツカイが岸に上がってきてしまう理由として上げられるのが、地震の原因であるプレートと距離的に近い改定は地震の前兆が最も顕著に出るということです。受け継がれてきた動物の遺伝子が危険を察知するんです。もちろん岸に上がってきてしまうのはリュウグウノツカイだけではありません。大地震の前には他の深海魚もたくさん座礁しています。

他にも電磁波に敏感なイルカなどは、地震の前兆としてプレートから発せられる電磁波の影響で方向感覚を失ってしまい、最後には岸に上がってきてしまいます。

 

カラスなどの鳥

カラスなどの鳥が地震の前兆としてとる行動とは通常の何倍もの数で空を埋め尽くしたりすることです。その光景には恐怖さえ感じます。

カラスの大群がこのような行動をとる理由は分かりませんが、不吉なイメージも先行しているため何かしら関係がありそうな気がします。地震の前兆として発生するわずかな地殻変動や電磁波を察知しているのかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

地震をはじめ災害の前兆はオカルト的な話が多いですが、地震の前兆と動物たちが異常行動をとる因果は科学的知見から今後どんどん明らかになってきそうです。地震の前兆かもと思ったらしっかり地震対策をしましょう。たとえ地震が起こらなかったとしても日ごろから地震対策をすることは大事です。

 

 

コメント