地震雲とは?実は存在しない全くの嘘!?

地震

皆さんこんにちは。Life Charm編集部のそういちです。地震雲とはいったい何なのか?そんな疑問を抱いている皆さんにこの記事では地震雲について説明していきます。

スポンサーリンク

地震雲とは?

地震雲とは地震の前後に発生する特殊な形状をした雲のことを指します。また地震雲の形状は正式に特定されておらず、地震の前後に特殊な雲が発生するという科学的根拠もないため事実上存在しません。

スポンサーリンク

地震雲という概念が生まれた理由とは?

地震雲の存在を初めて主張した人は特にありません。地震の前兆に関する研究は現代に始まったものではなく昔からありました。しかし、その研究はアマチュア科学者や民間人などの経験則から成るもので、科学的正当性を欠いていました。

地震雲もそのうちの一つで、科学的な根拠はないのに広まった噂のようなものです。

スポンサーリンク

地震雲の噂が広がり続ける理由とは?嘘が原因?

地震雲という概念が広がり続けている理由は嘘をついている人がいるからです。巷には地震雲に関する本などがたくさん出版されており、科学的根拠のないものを「ああでもない、こうでもない」と書きまくっているんです。

もちろんその本に書いてあることは嘘でたらめで、地震雲という言葉を上手く利用し、本を出版、そして利益を上げるという金儲けが目的です。

しかし、地震雲という概念が未だ広がり続けている理由がもう一つだけあります。それは嘘をついているとも言いきれないからです。地震と大気、雲の相関関係は一切分からないので地震雲は存在しません。

しかし、地震と雲の相関関係が一切分からないために地震雲というものが嘘である、完全に無いものであるとも言えないのが現状です。

嘘をついて地震雲で儲けようとしている人、地震雲があるといっている人が全くの嘘をついているとも言えないことが未だ地震雲という概念が存在する理由です。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

地震雲は科学的根拠が全くない上に、正式な形状も定められていません。また、地震と雲との間に相関関係が今後見つかる可能性はないと思っている科学者が多いため、地震雲を地震の前兆として研究する価値すらないという見解があり、それが地震雲の存在を否定できない理由にも繋がっています。

地震雲が地震の前兆として使えないといったものの、地震の前兆として科学的にある程度認められている現象もあります。地震の前兆についてコチラの記事で詳しく解説しているので地震の前兆についてもっと知りたいと思っている人はぜひ、参考にしてみてください!

地震の前兆にまつわる話を一挙大紹介!
...

コメント