東日本大震災の津波被害から学ぶ対策と現在の姿

地震

皆さま、いかがお過ごしでしょうか?

この記事では津波が押し寄せてきた時、”どのような被害がもたらされ”、”どのような対策が必要なのか”を東日本大震災を具体例に優しく説明していきます。この記事を読めばアナタの生存確率が上がること間違いなしです。

スポンサーリンク

津波ではどのような被害が起こるのか?

津波によりもたらされる被害は以下のようなものです。

  1. 浸水
  2. 崩壊
  3. 押し流される
  4. 海に飲まれる

それでは一つづつ説明していきましょう。

浸水

その時の地震の規模や津波の大きさ、速度に大きく依存しますが、津波はほとんどの場合、徐々に陸に上がっていきます。洪水をイメージすると分かりやすいかもしません。

崩壊

浸水が進むにつれて、色々な物が壊れていきます。押し寄せる津波の勢いに耐えられないもの、家で例えると木造建築などが最初に壊されていくのをよく目にします。家が壊されるくらい強い津波が押し寄せてきた時、家よりも弱い人間はひとたまりもありません。

押し流される

壊れた物も壊れずにただ流されてきたものも津波と同様、内陸に向かって押し流されていきます。津波に壊されることなく耐えてきたものも勢いよく流されてくるコンクリートや鉄によってどんどんダメージが大きくなっていき、終いには一緒に流されてしまうこともあるでしょう。

海に飲まれる

押し寄せてきた津波は次第に弱くなり海に引いていきます。津波の大きさに依存しますが、津波が押し寄せて来たときと同様に強いひき波となります。

スポンサーリンク

東日本大震災をもとに津波の被害と被災地の現在について考えてみよう

以上の出来事が東日本大震災の時にも起きました。日本最大級の高さを記録した津波の被害はとても大きく、人々の記憶に今もなお深く刻まれています。

東日本大震災の時に発生した津波の被害

津波被害で見ると東日本大震災が日本史上一番大きな災害となります。津波の高さは一番高い所で40m以上を記録、津波予想を大きく上回りました。行方不明者も2536人と考えられないほどの数です。行方不明者のほとんどは津波によって飲み込まれた人々でしょう。

津波は水が引いた後にも2回3回と押し寄せてきます。しかも2回目3回目は、1回目の津波よりも高い波となることがほとんどです。東日本大震災では、それを知らずに家へ帰り、津波に飲まれてしまった人もいました。家が津波によって飲み込まれてしまった人などを考え出すとキリがありません。

それほど大きな津波が押し寄せてきたんです。もし東日本大震災の時と同じような津波が来たらと思うとぞっとします。この機会に津波対策について考えてみてはいかがでしょうか?

津波対策についてはコチラ↓↓

津波対策が出来る家(住宅)は、どんな家?
...

東日本大震災の津波についてはコチラ

津波の高さはどのくらい?東日本大震災の危険度を建物に表してみた!
...

津波被害に見舞われた現在の被災地

被災地の復興はかなり進んでおり、産業や建物もほぼ震災前と同じ水準にまで回復しています。ただ一つの地域を覗いては…

復興作業が唯一進んでいない地域、それは福島です。福島の原発はいまだ除染が完了しておらず、完全に復興するのにはまだ何年もかかるという見通しです。調査の結果、住人も半数以上が戻らないと言っています。福島の復興はまだまだ長い戦いになりそうです。

スポンサーリンク

津波被害を最小限に抑える対策

津波の被害は抑えられます。津波警報について詳しく知っておくことや防災グッズを買いそろえたり、今では地震などが発生した時、アラームが知らせてくれるアプリすらあります。そして何より、津波に対する教訓を1人でも多く学ぶことが津波の被害を最小限に抑える一番の方法です。

東日本大震災を超える津波はいづれやってきます。しっかりと対策をしましょう。

 

津波警報についてはコチラ↓↓

津波警報ってどんな音?津波警報の誤報についても紹介します!
...
スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

津波は徐々にやってきて浸水から始まり、次に色々なモノを壊していきます。最後には海に飲み込んでしまうんです。われわれは東日本大震災から多くのことを学べます。この機会に津波対策もしてみてはどうでしょうか?

https://lifecharm.jp/2019/03/03/tsunami-katei-taisaku/

コメント