【非常食 野菜ジュース】保存できるおすすめの非常食の野菜ジュース

スポンサーリンク
非常食

皆さんはもしものときに備えて非常食を家に常備していますか?一般的にはカンパンなどの缶詰やアルファ米を想像されるかと思います。そのような「野菜不足」です。缶詰では取れない栄養分を多く含んでいる野菜ですが、非常時には野菜の摂取は難しいです。そのようなときに非常食の野菜ジュースを保管しておけば数日間の避難生活を強いられるような場合でも野菜の摂取が可能になります。本記事では非常食の野菜ジュースの選び方や特徴、効果などを記していきます。

スポンサーリンク

非常食の野菜ジュースとは?

避難生活を余儀なくされる状況の中で不足になりがちなのがビタミンです。ビタミンを避難生活の中でも効率的に摂取できるのが非常食用野菜ジュースです。

野菜ジュースと生の野菜で摂取できる栄養は異なる?

では、野菜ジュースは生の野菜に代わるものなのでしょうか?結論から申し上げますと野菜の代わりには完全にはならないです。野菜ジュースは加工を繰り返してつくられるものですが、加工の過程で野菜に本来備わっているビタミンやたんぱく質がそぎ落とされていきますので、野菜ジュースとして完成したときには生の野菜よりはこれらの成分は無くなってしまっています。あくまで野菜接種の補助として野菜ジュースを飲んでほしい、とは野菜ジュース生産メーカー自身もそのように伝えております。野菜ジュースの中にも成分が複雑でないものと、いろいろな添加物が入っているものとありますので、できるだけ成分のはっきりしている健康的な野菜ジュースを選択して飲んだ方が良いです。

非常食の野菜ジュースの特徴

避難生活の中では満足した栄養が取れない日が続きますが、体調を崩したり口内炎などができなかなか治らないというようなことがしばしば起きます。そのような中で満足した栄養を取ることができのが非常食用の野菜ジュースです。一般的に市販されている野菜ジュースは非常食として特化していないものもありますが、長期保存で冷蔵庫に入れる必要の無い非常食用野菜ジュースであれば災害時でも飲用ができます。また、アルファ化米という炊いたり蒸したりしたお米を、熱風で急速に乾燥させておいしさを閉じ込めたお米を食べられるようにするために、野菜ジュースを水の代わりに入れる方法もあります。

野菜ジュースのメリット・デメリット

野菜ジュースのメリットは野菜の多くの成分を手軽に飲むだけで接種することができることです。それに対してデメリットは野菜ジュースには糖分の含まれているものが多く、飲みすぎてしまうと結果的にからだに悪い影響を及ぼしてしまうことです。一日一本という摂取量を守ることが大切です。しかしながら野菜はどうしても苦手、という方にとっては野菜ジュースはありがたい存在であることは確かです。タンパク質や食物繊維など野菜ジュースの加工の上で本来野菜がもっている成分が少なくなってしまうものもありますが、総合的にみると野菜ジュースも健康に対して一定の成果は出しています。野菜ジュースのメリットを引きのばせるように、摂取量を守りつつ野菜も接種できる生活がベストです。

野菜ジュースはローリングストックに最適

ローリングストックとは回転させながら備蓄をするという意味で、例えば野菜ジュースを一ケース購入していたとして、毎日1本ずつ飲用しているときに毎週日曜日に7本購入してまた備蓄する、というサイクルを行うことです。非常食だからといって手を付けないのではなく、定期的に消費しながらまた買い足すことで災害に備えやすくするという意味があります。賞味期限が近いものから消費することがポイントです。

非常食の野菜ジュースの種類

非常食の野菜ジュースを販売している会社には、カゴメ株式会社の「野菜一日これ一本 長期保存用」があります他にも賞味期限の長い野菜ジュースはありますが非常食扱いではありません。

非常食の野菜ジュースのカロリー・栄養素

「野菜一日これ一本長期保存用」は、緑黄色野菜を中心に30品目の野菜を使用しています。砂糖・甘味料・食塩・香料・保存料は無添加です。なお、野菜飲料は、原料野菜の全成分を含むものではありません。カロリーは1本あたり83kcalです。

カゴメ 野菜一日これ一本 長期保存用

「野菜一日これ一本 長期保存用」は、腐食に強いポリエステルフィルムをコーティングした缶蓋を採用し長期間経過してもおいしく飲めるように野菜を組み合わせることで、5.5年の賞味期間を実現しました。1缶に野菜1日分350g分をぎゅっと濃縮して使用されており、緑黄色野菜を中心に30品目の野菜がバランスよく入っています。砂糖・甘味料・食塩・香料・保存料は無添加です。色はオレンジで、味はキャロットジュースのような甘い味がします。

カゴメ 野菜たっぷりスープギフト

野菜をたっぷり使用した3種類のスープを詰め合わせており、トマト、豆、かぼちゃのスープの味わいが手軽に楽しめます。豊富な種類の野菜、豆、穀類がたっぷり入った野菜スープでして、1食あたり食塩相当量1g以下のヘルシー設計で塩分が気になる方にもおすすめです。常温でもおいしくお召し上がりいただけます。野菜がゴロゴロ入っていて味もしょっぱくないので喉が渇きにくく食べやすいです。

カゴメ 野菜の保存食セット YH-30

野菜一日これ一本長期保存用190gと野菜たっぷりスープ160gの詰合せ。長期保存可能な「野菜の保存食」セットです。それぞれの商品が4~5.5年間保管可能でして、常温でも美味しく、水分補給にもなる上に食器不要で消費ができます。見かける「野菜一日これ一本」の多くが紙パック入りの賞味期限が短いものなので、缶入りの「長期保存用」を買っておいたほうが非常食として適しています。

非常食の野菜ジュースの賞味期限

一般的な野菜ジュースは長くても3年間の賞味期限になりますが、非常食用の野菜ジュースは5.5年間の賞味期限になります。非常食用の野菜スープも5.5年間の賞味期限になっています。

非常食の野菜ジュースのアレルギー

非常食の野菜ジュースはアレルギーに関しては問題無く、安心して消費ができます。特定原材料(7品目)に加え、特定原材料に準ずるもの(20品目)を使用していないものを基準としております。念のため、必ず商品に記載してあるアレルギー表示をご確認ください。

非常食の野菜ジュースの値段・購入方法

非常食の野菜ジュースは1本あたり平均で150円、1箱30本入りで平均5,000円になります。Amazonや楽天市場、アスクルなど様々なネット通販サイトで購入できます。

非常時に向けて野菜をストックする方法

非常食として野菜をストックすることは腐るのが早いことから厳しいです。そのため非常食用の野菜ジュースや野菜スープとして保管することをおすすめします。非常時には調理ができないことが多いので、野菜単体ではなく食器無で消費できるものが良いです。

ローリングストックに向いている野菜

その中でもローリングストックに向いている野菜はあります。例えば、かぼちゃやキャベツなどは常温でも保存でき、日持ちの少し長い種類です。冷凍保存をしておいて自然解凍することで食べられるホウレン草なども良いです。

まとめ

本記事では非常食として有能な非常食用野菜ジュースの紹介を中心に行いました。災害のときはできるだけ栄養を不足させずに乗り切る必要があります。その中で野菜ジュースは効率的に簡単に消費ができるものとして広く認知されるべきです。皆さんの非常食の一つに加えて頂ければ幸いです。