噴火警戒レベルとは?レベル5が上限で最も危険!今すぐ避難せよ

火山噴火

噴火警戒レベルってなに?

どのレベルがどのくらい危険なの?

噴火警戒レベルなんて普段使わないし、よくわかりませんよね…この記事ではそんな皆さんのために噴火警戒レベルについて誰でもわかるように徹底的に解説していきます。

スポンサーリンク

噴火警戒レベルとは

噴火警戒レベルとは火山活動の危険度に応じて、警戒が必要な危険区域と危険区域に対する防災対応を5段階に分けて発表する指標です。噴火警戒レベルは「火山防災協議会」が危険な火山の状態を調べ、地元自治体を通し、避難計画が制定された後に発表されます。

スポンサーリンク

噴火警戒レベルの段階

噴火警戒レベルは全部で5段階のレベルが設定されています。

噴火警戒レベル1

噴火警戒レベル1は「噴火予報」の状態です。火山活動はそれほど活発ではないので基本的には立ち入り禁止の区域は設定されません。しかし、火口などから火山灰が噴出されるので火口付近に立ち入ると生命に危険が及びます。

噴火警戒レベル2

噴火警戒レベル2は「噴火警報」の状態です。火口付近に影響を及ぼす火山活動が見られるときに出されます。基本的に火口周辺規制が敷かれ、火口周辺への立ち入りが禁止されます。

噴火警戒レベル3

噴火警戒レベル3は「噴火警報」の状態です。居住地の近くまで被害が及ぶ火山活動が起こった時、または予想される時に出されます。基本的に入山規制が敷かれ、山に立ち入る事、または危険と見なされる場所への立ち入りが禁止、状況に応じて、居住者への避難準備も促されます。

噴火警戒レベル4

噴火警戒レベル4は「特別噴火警報」の状態です。居住地域に重大な被害が及ぶ噴火が予想される時に出されます。基本的に対象地域では避難準備が促され、居住地によっては避難が要求されます。

噴火警戒レベル5

噴火警戒レベル5は「特別噴火警報」の状態です。居住地域に重大な被害が及ぶ噴火が発生、または発生が切迫している時に出されます。基本的に対象地域は避難が必要です。

スポンサーリンク

噴火警戒レベル5が一番危険

噴火警報レベル5が最も危険です。いつ火山が噴火してもおかしくない状態なので発表され次第に避難しなければいけません。過去にも口永良部島の噴火などで噴火警戒レベル5が出され全住民が避難し無事助かったという事例も存在しています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

噴火警戒レベルには5つのレベルがあり、数字の数が大きくなればなるほど危険で規制は防災対応も大きなものになってきます。噴火警戒レベルをあまり知らないと噴火警戒レベルが5になった時でも避難しないなんて出来事が起こる可能性も考えられるのです。

今回噴火警戒レベルを知ったように火山が噴火した時に備えて、防災に対する知識を深めてください。Life Charmではたくさんの災害対策の方法を紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

コメント