被災者生活再建支援制度とは?知っておくべき!融資や支援金について

コラム

台風や地震、噴火などの自然災害によって住宅に被害があった場合、修復に莫大な費用が掛かってしまいます。しかし、被災者生活支援制度について知っていれば、修復費用を削減できるかもしれません。今回は修復費用を削減するために知っておくべき、被災者生活再建支援制度について紹介します。

スポンサーリンク

被災者生活再建支援制度とは

被災者生活再建支援制度とは、「自然災害により被災し、壊れてしまった住宅の補習費用を住民のために支援する法律」です。

内閣府にホームページによると、下記のように記されています。

引用:内閣府

スポンサーリンク

被災者生活再建支援制度の概要

残念ながら、被災したら必ず支援金を受けられるというものではありません。こちらの制度の対象となる「自然災害」と「被災世帯」の2点を満たすと支援金を受けることが出来ます。

被災者生活再建支援制度の対象となる自然災害

① 災害救助法施行令第1条第1項第1号又は第2号に該当する被害が発生した市町村
② 10世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村
③ 100世帯以上の住宅全壊被害が発生した都道府県
④ ①又は②の市町村を含む都道府県で、
5世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村(人口10万人未満に限る)
⑤ ①~③の区域に隣接し、
5世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村(人口10万人未満に限る)
⑥ ①若しくは②の市町村を含む都道府県又は③の都道府県が2以上ある場合に、
5世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村(人口10万人未満に限る)
2世帯以上の住宅全壊被害が発生した市町村(人口5万人未満に限る)
※ ④~⑥の人口要件については、合併前の旧市町村単位でも適用可などの特例措置あり(合併した年と
続く5年間の特例措置)

引用:内閣府

被災者生活再建支援制度の対象となる被災世帯

上記の自然災害により
① 住宅が「全壊」した世帯
② 住宅が半壊、もしくは住宅の敷地に被害が生じ、その住宅をやむを得ず解体した世帯
③ 災害による危険な状態が継続し、住宅に居住不能な状態が長期間継続している世帯
④ 住宅が半壊し、大規模な補修を行わなければ居住することが困難な世帯(大規模半壊世帯)

引用:内閣府

スポンサーリンク

被災者生活再建支援制度の申請方法

ここでは、支援金支給までの手続きについて紹介します。

  1. 支援法適用(都道府県)
  2. 都道府県から国、支援法人、市町村に適用報告、公示(都道府県)
  3. 罹災証明書の交付(市区町村)
  4. 支援金支給申請(被災世帯)
  5. 市区町村で受付、都道府県がとりまとめ、支援法人に送付
  6. 被災世帯に支援金の支給(支援法人)
  7. 支援法人から国に補助金申請
  8. 国から支援法人に補助金交付

罹災証明書とは?給付金や税金に関わる大切なもの
...
スポンサーリンク

被災者生活再建支援制度による支給額

支給額は、下記の2つの支援金の合計額となります。
(世帯人数が1人の場合は、各該当欄の金額の3/4の額になります。)

① 住宅の被害程度に応じて支給する支援金(基礎支援金)

住宅の被害程度全壊解体長期避難大規模半壊
支給額100万円100万円100万円50万円

② 住宅の再建方法に応じて支給する支援金(加算支援金)

住宅の再建方法建設・購入補習賃借
支給額200万円100万円50万円
スポンサーリンク

まとめ

あまり知られていない被災者生活再建支援制度。
自然災害を受けてから、こちらの制度について調べても気持ちの余裕がなく、頭に入らないかもしれません。
この記事を読んだ、この瞬間に被災者生活再建制度について調べて、もしもの事態に備えましょう!

コメント