火山噴出物とは?どのような種類がある?火山灰と火山れきの違いまで徹底解説!

火山噴火

火山噴出物って一体何?火山の噴出物にはどんな種類があるの?

みなさんこのような疑問を抱えていませんか?火山が噴火した時に出てくるものは色々な種類があってよくわからないですよね…

今回はそんな火山噴出物をどこよりも分かりやすく解説していきます。この記事を読めば火山噴出物の全てが丸わかり間違いなしです!

スポンサーリンク

火山噴出物とは

火山噴出物とは火山活動で噴出したものの総称で、火山から出てきたものは何でも火山噴出物と呼ぶことができます。そのため火山噴出物のことを火山放出物と言うときもあります。

それでは具体的に火山噴出物にはどのような種類の噴出物があるのでしょうか?次の項目で詳しく解説していきます。

スポンサーリンク

火山噴出物の種類

火山噴出物は大きく分けて気体状で噴出されるもの、液体状で噴出されるもの、個体状で噴出されるものの3種類あります。

気体状で噴出される火山噴出物

気体状で噴出される火山噴出物は火山ガスです。

火山ガス

火山ガスは二酸化炭素や二酸化硫黄を中に含んだ高熱のガスです。火山ガスを吸ってしまうと二酸化硫黄などによって体に危険が伴う可能性があります。

液体状で噴出される火山噴出物

液体状で噴出される火山噴出物は溶岩です。

溶岩

溶岩は火山の火口から流れ出す高温で液状のものです。冷えて固まったものも溶岩と言います。

個体状で噴出される火山噴出物

個体状で噴出される火山噴出物は次のようなものです。

火山灰、火山れき

火山灰と火山れきはとても似ていますが、個体の大きさによって呼び方が異なります。2mm以下のものを火山灰と呼び、それ以上の大きさのものを火山れきと呼びます。

火山弾

火山弾は吹き飛ばされたマグマが空中で冷え固まってできたもので、物によっては家よりお大きなサイズになることがあります。

軽石

軽石は軽くて小さな穴がたくさん空いているものです。特徴としては大体白っぽい色をしています。

スポンサーリンク

火山噴出物まとめ

いかがでしょうか?

火山噴出物は火山活動で噴出されたものすべての総称になります。火山灰から軽石まで、火山噴出物の定義はとても広いです。

火山はまだまだ未知の分野が大きいです。しかし、火山の噴火はある程度予測できるところまで行っています。火山の噴火は日本が割れるほどの衝撃を与える可能性があるので、この機会に火山の噴火に備えてみてはどうでしょうか?

Life Charmでは火山の噴火などの災害対策の方法も紹介しています。他の記事も覗いていってください!

コメント