テレビの固定(設置・配置)方法とは?地震によるテレビの転倒防止について紹介します!

地震

近年、普及している薄型テレビは一昔前のブラウン管テレビよりも奥行きがないので転倒のリスクが高いです。そのため、テレビの転倒防止対策は必須でしょう。この記事では地震などの自然災害によるテレビの転倒防止対策について紹介します。一読して、適切な対策を講じ、災害に備えましょう!

スポンサーリンク

テレビの転倒防止対策

テレビをテレビ台の上に置くだけでは大変危険です。気象庁では「震度5強以上」の強い揺れが発生した時にテレビ台から落ちると想定しています。そんな強い揺れが起きても被害を最小限に抑えられるよう震災グッズを紹介します。

突っ張り棒

一般的に突っ張り棒は家具と天井や壁の間に隙間がある場合に設置します。購入する際は突っ張り棒のサイズなどを迷わないようにするために前もってテレビと壁の距離を測っておきましょう。設置するのは容易ですが、その分突っ張り棒が見えてしまうので見栄えがイマイチです。お家の外見に気を使っている人は他の対策をしてみましょう。

また、突っ張り棒の他に耐震ベルトと言うものもあります。こちらは、突っ張り棒や耐震マットよりはマイナーな耐震グッズですがテレビを固定するので耐震性能には優れています。

耐震マット

耐震マットは正しく利用した時に効果を発揮します。耐震マットはテレビの大きさや重さによって耐震マットの種類が異なります。目安ですが小さいものだと5kgのテレビであれば対応可能です。もし、10kg以上の重さのものであれば複数枚を用いることで対応可能です。また、もし見た目が気になる方は透明のものがあるので、そちらを用いることでインテリアの調和を乱さずテレビの耐震対策もできておすすめです。

耐震マットは粘着力が高いので一度つけてしまうとなかなか剥がれません。間違えてつけないようにつけるとき最新の注意を払いましょう。

スポンサーリンク

地震によるテレビの被害を最小限にする方法

揺れ対策をしても、もし震度6以上の地震が数回来ては転倒対策をしても転倒うる可能性は0ではありません。そのために、「念には念を入れて」という言葉があるように2次対策をしましょう。

テレビを置く向きを考える

地震などで家が揺れてしまうと壁やドアが傾いたり、窓が割れたりして家の中から屋外に逃げるためのルートが遮断されてしまうことが多いです。もし、テレビを入り口の近くに設置するとどうでしょう?テレビがドアの前に倒れ、避難する際の障害になる可能性が十分に考えられます。テレビをドアや窓の近く設置する方はそこまで多くはないと思いますが、自然災害が起きた際の避難経路を確保することを念頭に置いてインテリアを楽しみましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?テレビの転倒対策は難しそうで、誰にでも出来るものです。転倒対策のものを購入するのは、お金がかかりますし、少々抵抗があるかもしれません。しかし、私たちの命より尊いものはありません。まだ、テレビの転倒対策に踏み切っていない方はぜひテレビの転倒対策を検討してみてください。

コメント