津波対策は個人でもできる!?もしもに備えた津波対策について紹介します!

津波 対策 個人 津波

津波は海の近くに住んでいる方はもちろん、海水浴などで海の近くに訪れた方にとって、常に警戒しておかなければいけない自然災害の1つです。

しかし、津波に対する知見を蓄えていれば被害を最小限に抑えることも出来ます。今回はそんな津波を個人で対策できる方法について具体的にご紹介します。

スポンサーリンク

津波とは

津波が到達する時間は?

地震が起きてから津波が陸地に到達する時間は震源地によって異なります。東日本大震災では地震発生から40分〜1時間、インドネシアのスマトラ沖地震では30分〜2時間30分に津波が来ているので時間はバラバラです。

これを見ると地震発生から津波が来るまで時間があると感じると思います。しかし、津波は到達する時間は震源地によって異なるということを再度念頭におくことが大切です。

引き潮と津波は関係あるの?

地域によっては「津波の前に引き潮がある」という伝承があります。しかし、この伝承は半分しか信用できません。実際は「引き潮から始める津波」「急に襲って来る津波」の2パターンあります。

東日本大震災の場合、引き潮が起こらなかったのに20m以上の津波が生じ、多くの被害を被った地域もあります。引き潮が起こったら逃げるのではなく、少しでも津波の心配がある際はすぐに高台に避難することが大切です。

大津波警報と津波警報の違いは?

地震が起こると、気象庁が地震の震度と震源を推測して、同時に海岸で予想される津波の高さを予測します。津波による災害が懸念されると、地震発生から3分以内を目安に警報や注意報が発令されます。

下記の警報や警報が報告されたら、迅速に避難活動を行うことが適切です。

大津波警報

予想される津波の高さが高いところで3mを超える場所に発令されます。木造の家屋が全壊したり、流失したりします。また、人は津波による流れに巻き込まれます。

沿岸部や川沿いにいる人は、速やかに高台など安全な場所へ移動することが求められます。

津波警報

予想される津波の高さが高いところで1m以上3m未満を超える場所に発令されます。標高の低いところでは津波が襲い、浸水が起こります。人は津波による流れに巻き込まれます。沿岸部や川沿いにいる人は、速やかに高台など安全な場所へ移動が必要です。

津波注意報

予想される津波の高さが高いところで20cm以上1m未満を超える場所に発令されます。海の中では人は速い流れに巻き込まれ、また、養殖いかだが流失し小型船舶が転覆します。

海岸に入りう場合は直ちに海岸から離れてください。

スポンサーリンク

個人で津波の対策をする際に必要な情報

住んでいる地域の海抜を知っておく

自身が住んでいる場所の海抜を知り、「私は避難しなくても大丈夫」という慢心を捨て、津波に襲われる危険性が十分あると考えることは重要です。海抜とは、海水面から陸地の高さを測定したものを指します。一般的に言われるのが、「津波の高さより海抜の方が高さがあれば安全」と言われています。

しかし、こちらは間違っており、津波は建物などを根こそぎ持っていきます。海抜が高いから安全ということは間違っています。また、津波の被害がなくても海抜の低い埋立地ですと液状化現象などの被害を受ける可能性があるので内陸に住んでいる方も留意してください。

避難場所を知っておく

もし、津波が襲って来た際、「どこに逃げよう?」と考えている時間はありません。日頃から、もしもの事態を想定して、避難場所を確認することスムーズに避難活動をする上で大切です。

海抜が高くても老朽化している建物は地震等で壊れてしまう可能性があるのでおすすめしません。出来る限り海岸から遠く、海抜から高い避難場所を探しておきましょう。
家族などの身の回りの人と避難場所を共有することで地域全体の防災意識が高くなるのでおすすめです。

避難経路を知っておく

避難場所を知っているだけですと80点です。津波が来た時に決めた避難場所まで逃げることが出来るかが最も重要です。東日本大震災では車の渋滞が発生し、結果的に多くの方が避難することが出来ず、津波の被害にあってしまいました。

従って、避難場所へたどり着く経路を知っておくことも大切です。地震で避難場所までの道のりが破損する可能性も十分考えられるので、複数の道を用意することが得策です。

スポンサーリンク

個人で津波対策をする際に準備するもの

非常用持ち出し袋を準備する

地震や津波は前触れがなく、急に起こるものです。そのような自然災害から身を守るために役に立つのが「非常用袋」です。ここでは、非常用袋の中身を紹介します。

貴重品などを持って逃げたい気持ちは山々ですがまずは自分の命を守ることが大切です。そのため、荷物は最小限にまとめ、貴重品は金庫等に入れておくことが得策です。消費物は賞味期限や消費期限があるので定期的に非常用袋の中身を確認することをお勧めします。

また、食料や水、懐中電灯やラジオなどの電池は消費期限や使用期限があるので期限がきれていないか定期的に確認しましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?内陸に住んでいる方は津波なんてと思っているかもしれません。しかし、埋立地にあるテーマパークや海で海水浴をしている時に津波が来る可能性は十分あります。

「まさか」の事態に備えるために津波に対する知識を増やしていきましょう。役に立ったと感じたらシェアなどよろしくお願いします。

コメント