地震雲は存在しない!?実は全部嘘だった…

地震

こんにちは。Life Charm編集部のそういちです。

地震雲ってどんな形?そもそも地震雲ってなに?皆さんこのような疑問を抱えていませんか?今回はそんな皆さんのために地震雲が一体何なのかを誰にでも分かるように徹底的に解説していきます。

スポンサーリンク

地震雲とは?

地震雲とは地震の前後に発生する特殊な形状をした雲のことです。特別にこれといった雲の形は存在せず、気象学などをはじめ科学的な根拠はないものとされています。なので地震雲は事実上存在しません。

それでは、なぜ地震雲が存在しないのでしょうか?

スポンサーリンク

地震雲が科学的にあり得ない理由

色々な雲が地震雲と言われ恐れられています。私も小さいころは地震雲におびえていた時期がありました。しかし、地震雲は科学的になんの根拠もないんです。その理由は以下の2つ。

  • 地震雲と言われている物は全て気象学的に説明できる
  • 地震が大気に与える影響は未解明

地震雲と言われている物は全て気象学的に説明できる

地震雲と言われている物は気象学的にすべて説明できます。様々な地震雲がSNS、主にTwitterなどに上げられていますがどれも気象学的に「~という理由があるのでこのような形の雲が確認されます。」と言えるんです。

仮に気象学的に説明できない雲が存在すれば、地震などの今まで確認されていなかった要因が考えられますが気象学的に説明できない地震雲は存在しないので地震雲と言われていた雲は地震となんの関係もないただの雲です。

地震が大気に与える影響は未解明

地震が大気に与える影響はいまだ未解明です。正確には地震が大気に影響を与えるという事実は存在しません。もしかしたら今後、何かしらの相関関係が発見される可能性も考えられますが、研究する時間すらもったいないというのが現在の科学者の見解です。

スポンサーリンク

存在しない地震雲はなぜ広がった?

地震雲が存在しないのに広がった理由には昔の地震の前兆を研究する方法と嘘をついている人の2つがあげられます。

昔の地震の前兆を研究する方法

昔の地震の前兆を研究する方法はアマチュアの科学者と民間人の経験則にもとづくものでした。そのため地震の前後に一風変わった雲があったといったらそれは地震の前兆になるんです。地震雲という概念は噂から生まれた物です。これなら科学的根拠がなくても納得できます。

嘘をついている人

地震雲があると言って注目を集めたい人や地震雲に関する本を売って、お金を儲けたい人などが主に地震雲の存在を主張している人です。「東日本大震災の時に発生した地震雲が上空に現れた!」なんてニュースで報道された時には多くの関心が集まることでしょう。

このように地震雲という言葉はビジネス的に活用されることがしばしばあるんです。そのため地震雲は存在しないという結論に至った今でも、地震雲という概念があり続け、出版されている本さえ見つけることができるんです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしょうか?

地震雲というものの存在を主張する声には科学的根拠はありません。実は地震雲なんて存在しないんです。しかし、地震雲が存在しないからといって地震の前兆が存在しない訳ではありません。地震の前兆について知りたいという人はコチラの記事でより詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

コメント