【非常食 パスタ】非常時に役に立つパスタのおすすめやレシピを公開

非常食

一般的に非常食と想像すると「乾パン」や「アルファ米」などを想像するかたも多いと思います。しかし、そのようなものは非常食専用になってしまうので、購入するのを抵抗する方もいるのではないでしょうか?そんな時に御役に立つのがパスタ(スパゲッティー)です。パスタは非常食になるだけではなく、日常生活の保存食にも早変わりします。今回はそんなもしもの時は非常食になり、また別の時は日常の保存食になるパスタについての記事です。

スポンサーリンク

非常食にパスタは適している?

では、なぜ非常食にパスタが適しているのでしょうか?ここでは、その理由を解明していきます。

日持ちする

非常食や保存食として当たり前かもしれませんが、パスタは日持ちが長いです。製造会社にもよりけりですが、直射日光に当たらず、湿気が少ないところであれば、通常のパスタ麺の場合は製造から3年です。

調理が簡単

調理前のパスタ(乾麺)は太さにもよりますが、5〜10分程度茹でなかれば食べられる固さになりません。しかも、茹でるにはお湯が必要です。災害時などのお湯が入手しにくい時にパスタを茹でることなど不可能に思われがちです。しかし、水でもパスタを食べられる硬さにすることは可能です。詳細は下記の記事に書いてあるので、是非参考にしてみてください。

『水戻しパスタ』
非常食にレトルトのパスタソースを備蓄されている方は結構いると思います。ですが水もカセットガスも節約したいし、いつ揺れが来るか分からない中、大量のお湯を沸かし茹…
スポンサーリンク

サタケが販売している非常食のパスタ

非常食のパスタといえばサタケです。1896年に創業した歴史の長い株式会社サタケが販売している非常食用のパスタについて紹介します。

サタケの非常食パスタの特徴

こちらのパスタの味はカルボナーラペペロンチーノきのこのパスタ(デミグラス風味)の3種類です。パスタのこだわりとしては、国内で加工されたものを使用しており、湯伸びしにくく、アルデンテの食感があります。また、スプーンが付属しており、アウトドアやオフィス、災害の際などどこでも手軽に食べることが可能です。

サタケの非常食パスタのアレルギーに関して

商品にもよりますが、サタケの非常食のパスタは主に「小麦」「乳」「ごま」「大豆」「鶏肉」などがアレルギーの特定原材料また特定原材料に準ずるものが含まれています。また、同一工場ラインで多くのアレルギー元の食材を扱っているため、食物アレルギーをお持ちの方は食べる際にお気をつけください。アレルギーの詳細に関しては下記のPDFからご確認できます。

サタケの販売しているパスタのアレルギーに関してはこちらをクリック!

サタケの非常食パスタを購入するには?

購入する際は店頭で購入したり、Amazonや楽天などのECサイトで購入したりと通常の食品と同様です。個人的には店頭より安くかつ荷物にならないECサイトでの購入をお勧めします。気になる方は下記のリンクから調べてみてください。

スポンサーリンク

非常食のパスタのレシピは?

クックパッドで防災士の方が非常食のパスタのレシピについて紹介しています。どのレシピも特別な材料を必要とせず、家にある手軽なもので調理が可能です。

災害 パスタのレシピ 25品 - クックパッド
「防災士レシピ」「防災士レシピ 」「サバの水煮缶パスタ」「災害復旧応援パスタ」など
スポンサーリンク

まとめ

いかがだったでしょうか?パスタが非常食になるということを初めて知った方も多いのではないでしょうか?非常食と言っても自身に合う、合わないが当然あります。是非、自身に合う非常食探しを行ってみてはいかがでしょうか?

コメント