【停電 雷サージ】落雷の時、一番に気をつける雷サージの扱い方

停電(落雷)

皆さんは雷サージという言葉を知っていますか?あまり馴染みのない言葉ですが、実は落雷対策をするためには不可欠な知識なのです、ここでは、そんな「雷サージ」について簡単に紹介します。

スポンサーリンク

雷サージとは?

雷サージとは、別名「らいサージ」や「かみなりサージ」と呼ばれます。 雷が落ちるときに瞬間的に高い電圧(異常高電圧)が発生して、その異常高電圧の影響で異常な過大電流が流れることを言います。

雷サージには「直撃雷サージ」「誘導雷サージ」の2種類があります。

直撃雷サージ

直撃雷サージとは雷が電柱や電線、建物の避雷針、テレビのアンテナなどに落ちた場合、 雷の電気が、その電線を伝って建物の中に流れ込む現象です。建物や電気が流れるものに「直撃」した場合が直撃雷サージです。

誘導雷サージ

一方で、誘導雷サージとは、放電によるもので樹木や地面に落雷した場合、その周辺にも高い電圧が発生します。 その電流が近くの電柱や電話線を伝い、建物の中に入り込む現象のことです。

また、落雷しなくても雷雲と大気によって放電した高い電圧も誘導雷サージと言います。雷の多い地域では雷サージが発生しやすいのですが、電線などを通じで雷サージが広範囲まで伝わり被害が拡大することもあります。

落雷時、電線などの高所にあるものに瞬間的に発生する有害な過電圧や過電流のことです。電話線、電源線、アンテナ、大気中を通って家の中に進入し、このサージ電圧によってパソコン・ルーターなどの電子機器は、絶縁破壊や誤作動・劣化などの影響を受けます。

「雷ガード」は、内蔵された吸収素子(バリスタ)が雷サージを吸収することで、接続するパソコンなど故障を防ぐため、雷サージ対策として最適です。


画像出典先:落雷によるパソコンへの被害対策(サンワサプライ株式会社)

雷サージの種類

誘導雷

電線から、モジュラージャックやコンセントなどを伝って屋内のパソコンなどに侵入する雷サージ。電線近くに落雷した時の電磁誘導により高電圧が発生する、最も多い雷サージの発生原因です。

侵入雷

大気中を伝わって侵入する雷サージ。避雷針などから侵入した場合、パソコンなどの電子機器と地表との間の電位差によって起きる現象です。

直撃雷

接続された電線に直接落雷して侵入する雷サージ。高い電圧や電流が発生するため、直撃雷からパソコンやルーターを守ることは非常に難しいのが現状です。対策として雷ガードを設置した場合でも、パソコンなどを保護できないことがあります。

スポンサーリンク

雷サージが起きるとどうなる?

雷サージが起こると異常な過大電流が、電線を伝い家の中に入り込みます。 すると電線や電話線、テレビアンテナ線などの外部と繋がっているケーブルを通してパソコンや家電機器、通信機器に過剰な電流が流れ込んでしまいます。

その結果、パソコンや家電機器などが故障してしまったり、機器内部が焼損してしまう恐れがあります。また、規模が大きいと火災を引き起こす危険性があります。

雷サージの電圧は大きいため、パソコンや家電機器の電源が入っていない状態でも、電流が流れ込み機器を故障させてしまう可能性があります。

特にパソコンが故障した場合は、パソコンが起動しなくなるほか、パソコン内の大切なデータが消えてしまう可能性もあり、修理だけでは済まないダメージを受けてしまいます。

雷サージが起きても問題ない時もある

電気ストーブやドライヤーなど、電気→熱、電気→動力のような単純に変換をかけている機器では雷サージによる被害はほぼ起こりません。

これは半導体集積回路が過電圧、過電流に大変弱い事に端を発しています。また、雷サージで機器破損が起こる事例のほとんどは、通信系(電話線)に集中しています。

スポンサーリンク

雷サージの対策

雷サージからのパソコンや家電機器を守るために雷サージ保護付きのタップがあります。 雷サージが発生した場合に電流の流れをタップ内で食い止め、タップにつながれているパソコンや家電機器を守ることが出来ます。

また、雷サージ保護機能に加え、落雷による停電が起こった場合に、しばらくの間、パソコンや家電機器に電気を供給することができる無停電電源装置(UPS)と言うものもあります。 UPSを使用すると停電によるパソコンの故障やデータ損失を防ぐことができます。

スポンサーリンク

まとめ

「雷サージ」について認識、また「雷サージの対策をしよう!」と考えていただけたら幸いです。是非、身近な人や友達に「雷サージ」について共有し、身の周りの方と一緒に「落雷による被害0」を目指しましょう。

コメント